« ISS撤退 | トップページ | マンデルブロ~ »

2004年2月 2日 (月)

ふたりはプリキュア(#01)

*ちょっと出遅れたけど書いてみたり

明日のナージャの後番組ということで「ふたりはプリキュア」を視聴。

なぎさたんの声が本名陽子さん(耳すまの雫たん)ということで、あの映画から九年経ってどんな感じだろうかと思ったら、思ったより低めの感じの声になっていたり。最近の人気声優のベタベタなアニメ演技にはいいかげん食傷気味なので、自分的にはこれで良し。ほのかたんのほうも同じく良し。
なぎさたんの喋りがどーも気になるのは世代ギャップゆぇなのかもしれないけど、メインの視聴者と思われる小学生~幼稚園の子から見てアレはリアルな中学生として見えているのだろうか?

各地でいわれている様に、全体につくりが80年代(キャラも話も)っぽかったり、悪役の人がカブキロックスの人みたいだったりするのは自分も感じたり。

問題なのは変身シーン。身体が頭部も含めて金属っぽい光沢をもった状態になるアレはどうなのか。やはり日本の変身少女アニメの伝統である「変身するときは全裸」は正しく次の世代に継承されるべきであろう(ぉぃ)
日曜の朝、お子様にたたき起こされて半分寝ながらTVを観つつ朝食を食べる全国のおとうさん達の為にも、コスチューム(および関連商品)のモデルチェンジの際には肌色もしくは透過光の採用を激しく希望したい(爆)

…というのはともかくとして
学園モノの比重が増すことに期待したかったり。

|

« ISS撤退 | トップページ | マンデルブロ~ »

アニメ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15707/160224

この記事へのトラックバック一覧です: ふたりはプリキュア(#01):

« ISS撤退 | トップページ | マンデルブロ~ »