« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年2月

2004年2月29日 (日)

ふたりはプリキュア(#05)

5話目にして早くもカブキマン(違う)消滅。
ザケンナーとか連呼してたアレも出番ないし、これからエンディングはどうなってしまうのか(汗)

OP前から商品PRに徹するあたりはいつもの事として(笑)
公園で絡んできたナンパ者が後半の展開でなにか関わるのかと思ったら、その場限りのキャラだったのは拍子抜け。先週の予告からして、なぎさとほのかがもっとストレートに喧嘩なり険悪な状況にでもなるのかと思っていたのだがそーでもないし、このへんは次週以降にも引きずる問題と解釈してよいのだろうか。

そろそろ「飛びながら蹴りを入れる」→「反撃されて飛ばされる」→「キャーとか言いながら壁や地面に激突」のパターンが続くのもアレなので、とりあえず白と黒の人の攻撃スタイルに違いを持たせるほうが良さそうな気がする。白の人に飛び道具持たせるとか。

とりあえず
ほのかたんに叱られたい大きなお友達が全国で多発していると推測(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙関係おぼえがき

数年前からチェックしていたEncyclopedia Astronauticaが
久しぶりに見たら移転していたのでとりあえず覚え書き。

Encyclopedia Astronautica

同サイト内、先日のロシアの6人乗り宇宙機の記事。
Kliper http://www.astronautix.com/craft/kliper.htm

その他(自分的に趣味な機体)
ダイナソア http://www.astronautix.com/craft/dynasoar.htm
神舟 http://www.astronautix.com/craft/shenzhou.htm
アルマース軍事ステーション http://www.astronautix.com/articles/almpart1.htm

Russian Space Web内の
Kliper記事
http://www.russianspaceweb.com/kliper.html

クリッパーは↑の2つの図で考えると、アイロン型の機体を逆立ちさせた状態でロケット上段に据えて打ち上げると見てよいのかな?

(3/3追記)↑とおもったらいつのまにか図が変わってる。前の図では乗員のシートが逆を向いていたのだが、あれは気のせいだったのだろうか(^^; 現在の図の向きならばアイロン先端が普通にロケット先端を向く形になりますな(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月26日 (木)

謎の練習絵

うぃ師からの指令(ぉ)を受けて
いわゆるスク水割烹着を描く練習をしてみる。
*参考  

0226a

0226b

む、むずかしい…(汗)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004年2月25日 (水)

ぺとぺとさん

コミティア帰りに秋葉原で買った「ぺとぺとさん」(木村航/ファミ通文庫)読了。
http://www.enterbrain.co.jp/fb/newbook/047/05/index.html

特定種族と称される妖怪と人間が共存している日本の話。
導入部がYUG氏のカラーの漫画になっていて、そのまま小説に入る感じ。YUGキャラと小説世界がよく合っているというか、この挿絵を見てしまったらもはや他の絵描きによるこの世界は連想不可能と言うか。

終盤の山場がとっちらかってる感じもしたけど、それはそれで良いのかも。全編に漂う気の抜けた感じは自分としてはかなり気に入ったです。

いかにも続編がありそうなキャラ配置なので、続きも期待せねばなるまぃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年2月24日 (火)

アンガラたんがっ!

先日のさひろさん作の

アンガラたんが大変な事に!

いやぁロ○アのロケットは素晴らしいですね(ぉ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月23日 (月)

ふと検索

なにげなくココログルで”コミティア”と検索してみたら
「われらの有人宇宙船」(読んだです)「国産ロケットはなぜ墜ちるのか」(未読・アマゾンに注文済み)の松浦晋也さんのblogを発見。こちら>松浦晋也のL/D
というかコミティアに来られていたのですな…ってG列といえばウチの近くでわないかっというか、惑星探査機擬人化本のサークルさんて2つ隣だったのかっ(近過ぎて気付かない迂闊者(滅))

次からは事前にちゃんとサークルチェックしておこう(汗)とおもうコミティア後…
ここんとこあんまり会場まわって買って無いし(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (1)

コミティア

というわけでコミティアに参加したり。

例によって睡眠時間約2時間(なんか昼夜逆転してて調整をミスった…)の状態で出発。
ゆりかもめの国際展示場正門の駅を降りると、そこにはワンフェス参加の人々の巨大な行列が。コミティアをやる東ホールにまったりと移動。会場に入る。設営したり、異様に眠くて挨拶回り全部まわりきれず(汗)11:00に開場。今回はワンフェス帰りに寄ってゆく人々で人が増えた午後がピークだった模様(うちは)

某誌の編集さんから名刺を戴く。が、とっさに誌名から内容が連想できず(すみません)。よく考えてみたら先日しっかり買っていた事に気付いたり。なんでその場で思い出せなかったのか…(汗)
しかもこういうときに限って名刺を持ってくるのを忘れていたり(自滅)

結果は新刊の出方はいつもとほぼ同じ。全体としては前回よりも若干多い数字だった。

帰りに秋葉原に寄る。
うぃ氏が久々に暴走、黄色い楕円マークのついた漫画単行本やミニスカメイドさんがアレな目になったりする漫画を激しく購入していたようす。

とにかく会場内も外も秋葉原も異様に暖かかった感じ。店によっては冷房(あるいは送風か?)入ってたみたいだし、2月とは思えんというか。

次の直接イベント参加するのは春のレヴォとコミティアの予定です~

*(追記)当日流れていたベートーベンは後で調べてみたところ第7楽章だったらしい。なぜか第5楽章と思っていたワシ…(汗) *ちなみに未来惑星ザルドスのラストで流れるのがコレだったりする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月21日 (土)

明日はコミティア

というわけで明日はコミティア67
スペースの位置はG-02a サークル名は「あわたけ」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月19日 (木)

日記絵(お絵描き掲示板絵)040219

aw040219

この時期に全国各地で観測される気象現象の
被服に与える影響を描いてみる(ぉ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月18日 (水)

コミティアの準備

コミティア67向けの宅配荷物を発送したりバタバタと雑務に追われる。

もえたんの付録がついたアニメージュ3月号、月曜の秋葉原では発見できなかったのが
なぜか地元書店に普通に置いてあるのを発見。早速購入したり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロシアの6人乗り再使用カプセル

slashdotの記事から
http://www.floridatoday.com/news/space/stories/2004a/021704russiacraft.htm
http://www.itar-tass.com/level2.html?NewsID=437055&PageNum=0
↑より

そのようなモノが計画中だと知る。
6人乗りの再使用可能なカプセルって一体…機体のどの程度まで再使用にするんだろうか(^^;
飛行士が座るシートとか?(ぉぃ)(日本の秋山記者がミールに行ったときに話題になったけど、ソユーズの帰還カプセルのシートは飛行士一人一人の体型に合わせたものらしぃ)

なんだか昨年の中国の飛行でショックを受けた(あるいはコロンビアの事故で)、各国のうちゅうにきょうみをしめさないえらい人がいままでOK出さなかったプランが、今になって表に出てきたよーな感じがしたりも(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月17日 (火)

アンガラたんハァハァ

さひろさんがアンガラロケット+バイカルブースターをっ
(そういえばメカと融合してる場合は萌え擬人化というのだろーか(^^;)

ブースターの取り付け位置、腰に前後左右4基付けるという手も
加速上昇するうちにどんどん身軽(薄着)になってゆくアンガラたん…(ぉぃ)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

原稿完成

どうにか日曜までにコミティア新刊の原稿が完成。
表紙の絵をこちらに公開しておきました。

今回の新刊は「風呂桶の庭」B5-24p/漫画16p
表紙はこんな感じ。


(月曜)
どうにか準備が整ったので同人印刷屋の東京事務所に行く。2/22のイベントの〆切は明日で、平日の昼間ということもあってか、待たずにすぐに入稿完了。
2ヶ月ぶりなので秋葉原に寄ってみることにする。ヤマギワソフトの焼け跡を見上げて「あーアレだよ」「これかー」などと言っている人達を多数確認。店の前には消防車が1台。なにか作業をはじめていたようす。店の横を通るとまだ刺激臭みたいなものが漂っていたり。

それにしても秋葉原の店は暖房温度が高い…店に入る→頭に汗がにじむ→外に出る→頭が空冷されて寒い…の繰返しをしつつぶらぶら。
帰宅後、昨日録画しておいたビフォーアフターを観たりしつつ熟睡。

あ、はやく散髪行っておかないと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月11日 (水)

原稿中

火星表面に謎の人工物が発見されたり(嘘)(パラシュートとバックシェルです(^^;)、牛丼が消滅したり、侍ジャイアンツがもうすぐ最終回だったり、ヤマギワソフトが炎上したりと世界は激しく動いているこの頃ですが、
自分は現在コミティア新刊の追いこみ中なので、今週は更新が停滞する予定っす(先週も同じ事言ってた気もするが)

…まだペン入れ中(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 9日 (月)

ISS撤退2

この前の続き

さひろさんのところからこの記事を見たり。
http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/ntec/289326

うぅむ。月面から火星船(仮称(^^;)を構成する資材(含む燃料)を調達できて、それが地球から持ってくるよりもコスト安で大質量でない限り、地球→月基地→火星のコースを取るメリットはないとも思われるわけで、(以前もISS経由で火星というプランがあったけど、コストでいえばダイレクトに火星に行ったほうがお得という話になっていたし)
上記BizTech記事にもあるように、月面基地というのはもっと先のこと念頭に入れてるということなのだろーか。(他国対策とか…*)
* http://moon.nasda.go.jp/ja/qanda/faq/faq7/treaty.html

技術的な部分ではアポロに対するジェミニみたいな存在かな?

問題は政権交代繰り返してるうちにじわじわと縮小されたりずるずると先送りになる可能性だな(^^;
(現大統領は某超大国自身のためにも交代させたほうが良いと思うが(笑))

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004年2月 8日 (日)

ふたりはプリキュア(#02)

1話と比較してどうかといえば、変身シーンは短縮されてるし、 アクション部分が弱まっている気もするけど、まぁまだ2話目だし。
好意的に解釈すれば最初の数話はとにかく商品PRに徹してスポンサーサイドに対する足場を固め、しばらくしてから変身後よりも学園モノの比重を増していこうとしているのだとも

学園モノ展開が本格化した暁には、担任の先生の出番を増やしてもらいたい(爆) あと、ほのかたんの友達の眼鏡っ子もな!(^^;

*横浜の魔改造番長は寝坊してないで来週見るように!(爆) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 6日 (金)

未来少年コナン

なにげなくアマゾンで検索してみたら
未来少年コナン」のサントラ(BGM集)が3/24発売になっているのを発見、直ちに予約する。
昨年、再発売になるという話を耳にしてアマゾンで探してみたら既に延期になっていたのだが、今度は大丈夫かな。

どうもジブリ以降の宮崎アニメのBGMは仰々しすぎるというか、BGMが目立ちすぎる(特に千尋)気がしているのだが…コナンのものぐらいシンプルなほうが好みだったり(ほのぼの系よりも怖い場面用のやつとか)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんだか

昨日あたりからなぜか気になって仕方無いのだけど、
ふたりはプリキュア」の

 プリキュアって何?

いろいろ検索してみると「ふた○り」についての言及は沢山あるものの(笑)
プリキュアについては見つからず…
そんなどーでも良いことは誰も気にしていないということなのか(汗)

プリとキュアで単語を合成してるんだろうか?(^^;
だがしかし…・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004年2月 4日 (水)

夏コミ申しこみとか

夏コミの申込書を書いて発送。
これよりコミティア新刊の追いこみに入るので少々更新が滞るかもです。

本屋に寄ったら「世界の傑作機No.103 F-104スターファイター」が平積みになっていたので即時購入。やっぱこの時代の戦闘機の方がカッコイイのぅ…無塗装萌え


世界の傑作機(No.103) F-104スターファイター

世界の傑作機 (No.104) ロッキード F-104J/DJ “栄光"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンデルブロ~

昨晩(23:10頃)なにげなくgoogleで検索しようとして気付いたのだけど、
http://www.google.com/intl/ja/
のトップページのロゴにマンデルブロ集合みたいなモノが不着してる(2/4:05:18現在も)…
ロゴ画像もそれのイメージ検索にリンクしてるし

今日ってなにかマンデルブロ集合と関係がある日なんでしょうか?
あるいは節分とフラクタル構造になにか深遠な関係がっ!?(爆)

(追記)YUPPE総裁によるとジュリア集合のガストン・ジュリアの誕生日(1893)との事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 2日 (月)

ふたりはプリキュア(#01)

*ちょっと出遅れたけど書いてみたり

明日のナージャの後番組ということで「ふたりはプリキュア」を視聴。

なぎさたんの声が本名陽子さん(耳すまの雫たん)ということで、あの映画から九年経ってどんな感じだろうかと思ったら、思ったより低めの感じの声になっていたり。最近の人気声優のベタベタなアニメ演技にはいいかげん食傷気味なので、自分的にはこれで良し。ほのかたんのほうも同じく良し。
なぎさたんの喋りがどーも気になるのは世代ギャップゆぇなのかもしれないけど、メインの視聴者と思われる小学生~幼稚園の子から見てアレはリアルな中学生として見えているのだろうか?

各地でいわれている様に、全体につくりが80年代(キャラも話も)っぽかったり、悪役の人がカブキロックスの人みたいだったりするのは自分も感じたり。

問題なのは変身シーン。身体が頭部も含めて金属っぽい光沢をもった状態になるアレはどうなのか。やはり日本の変身少女アニメの伝統である「変身するときは全裸」は正しく次の世代に継承されるべきであろう(ぉぃ)
日曜の朝、お子様にたたき起こされて半分寝ながらTVを観つつ朝食を食べる全国のおとうさん達の為にも、コスチューム(および関連商品)のモデルチェンジの際には肌色もしくは透過光の採用を激しく希望したい(爆)

…というのはともかくとして
学園モノの比重が増すことに期待したかったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ISS撤退

なんかえらい早いペースで話が進んでいるような(予定通りなんだろうけど)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040202-00000115-kyodo-soci

とりあえず日本の有人計画を通すには追い風ということにはなるのかな。

20年後を予想(笑)
米、中、欧(含む露)各国が有人の月面活動を開始するなか
「二足歩行の無人探査機としては世界で始めて月の石を拾う事に成功!」とかやって
世界の失笑を買う日本。(^^; 

他にも「○○としては世界最大」「○○型では世界初」などのバリエーションが…(笑)

…などということにならないで欲しい(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »