« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月

2004年3月31日 (水)

検索結果とか

あいかわらず 「WORM_NETSKYのB」と「D」が毎日数通ペースで届くこの頃。
ウイルスバスターで全部蹴ってるから良いのだが(^^;

なんだか検索エンジンでWORM_NETSKYで検索してここにやってくる人が急に増えたので
なんだろうと思ったら、どういうわけかこんな検索結果になっていたり…(3/31現在二番目)
な…なぜゆぇ(汗)

うちにはウイルス関係の情報は無かったりするので、とりあえず
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/03/30/2607.html
こちらなどを参照されることをおすすめします(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年3月29日 (月)

イノセンスを観てきた

というわけで日曜にうぃ氏とイノセンスを日比谷の映画館で観てきました。

もっと難解で延々と繰り返される長台詞の応酬で構成された禅問答アニメなのかと思ったら、予想外にキャッチーな内容でした。結構面白いのではないかと。話の流れも大体判るし。久しぶりに昔懐かしい直球な電脳モノを観たというか。
原作漫画のエピソードをいくつか切り出して融合しているところが賛否が分かれそうなところではあるけど、自分としては「イノセンス」:「攻殻機動隊(単行本1巻)」は「もののけ姫」:「シュナの旅」だと解釈すればそんなに気にはならなかったです。
絵的なところも、冒頭のオレンジ色の夜景とか、北端のアレとか、目が変になりそうなだいだい色世界も結構好みだったし。

とりあえず人形の皆さんが怖かったです(笑)。あと犬が目立ちすぎ(笑)

上映前にハウルの予告映像があったのだけど。
例の城についてはアレだけではなんとも判断できないけどその直前のアレは結構好みな感じだったかも。新ルパン最終話のシグマの降下シーンをちょっと思い出したり。


帰りに神保町によっていろいろ買ったり観て回ったり。トトブックスに行ったり(違う)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年3月27日 (土)

ねむい

異様に眠かったので少しごろっとしたら、おもわずニュースステーションの最終回を見逃したり。

TV観てると今日(金曜)で○○アナウンサーは最終とか来週からは新しく○○アナウンサーが○○みたいな話があったり、世間は異動の季節なのだな。

そういえばテレビ埼玉のフローネ(朝6:30)も来週の前半あたりで最終回だったり。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年3月25日 (木)

無人惑星サヴァイヴ(#22)

今回の流れ。
島全体が豪雪地帯に→パグー温泉発見→シャアラたん妄想炸裂→ハワード雪崩→イモ

某日本企業とも互角に勝負できると言われているシャアラたんのネーミングセンスが再び大炸裂。「スターホール」。「ベルの穴」にするかと思ってたのに(爆)
島はすっかり雪に覆われて、パグーの食糧も減るばかり。どこかにいる筈のパグーの仲間を探しに東の森を探索に向かったベルとシンゴが、パグーの越冬地(温泉つき)を発見。みんなでパグーを崖下の越冬地に返すことにする~というのが今回のあらすじ。

・アダムくんすっかり饒舌になったな(汗)。
・反射物質の件はまぁ大体予想通りの展開に。
・この島はジャガイモに続いて薩摩芋までもが自生しているのか(爆)、大方アダムの仲間が過去に地球で○○したのが○○して勝手に○○したというところか、というか、もはやそれ以外にここまで都合よく(ルナ達が食える)食糧がゴロゴロしてる理由が無いわけで。

今回のチャコ、シャアラたんのメルヒェンな想像に対して、あろうことかハワードとコンビ呼ばわりするとは何事か。
というか、この時のシャアラたんに対するベルの反応を描写していないのが激しく惜しいところである。
それにしても14歳(と16歳と12歳と年齢不詳)の健康な少年少女が、夏休みのキャンプ(今は冬だが)の如き共同生活をしているのにいまだその手の話が全く無いのはどうした事か。溢れる情熱をもて余す悩めるベルくんと戸惑うシャアラたんの日々を描く、宇宙中学生日記展開を期待しておきたい(爆)

シャアラたんハァハァ(ぉ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントラとエクラノプランとダフネ

この前アマゾンに注文した、そのときは3/24発売になっていた「未来少年コナン完全版BGM集」(サントラだな)が4/7発売になっているのを発見。

先日アマゾンで注文した「Russia's Ekranoplans」(洋書)が届く。当然英語なので文章のほうはさっぱりわからんけど、ソビエトの歴代のエクラノプランの機体写真がずらりと並んでいる。特に「KM」や「Orlyonok」の萌え写真が大量に掲載されていてかなり満足。うしろのほうにはEKIPの模型写真もあったりして。

そういえば、先週の「光と水のダフネ」で、シベリアのリゾートに社員旅行に向かうマイアたちが乗ってた機体がずばりWIGだったような。このアニメ、最初観たときは「なんじゃこの露出服キャラは」とかなり低い評価だったのだが、観続けているうちに結構良いのではないかと思えるようになってきた。 どんなシリアスなアクションと展開であっても、未来都市に唐突に出現するあの尻と前貼りが全てをギャグに転換してしまうわけで(笑)。ここ最近の深刻な展開でない話については充分面白いと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月24日 (水)

I/O創刊号

恋風の四巻を早く買いに行かねば…

http://slashdot.jp/books/04/03/23/0231220.shtml?topic=102
↑ここで初めて知ったのだけどそんな付録がついていたとわ…

サイズがA5になって以来なかなか見かけなくなったけど、発売日から6日過ぎてもまだ本屋に残っているだろーか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年3月22日 (月)

アクセス爆発

なんか雪が降るとかいう予報だったはずだが結局降らないのだな(^^;;
先週20℃超して暖房要らずになるかと思ったのに。こたつ片付けなかったのは正解だったか…

ここ1,2日、ARTIFACTさんからのTopicからのリンクやトボフアンカル・ミニ・メディアさんの記事でこのページのアクセス数が平時の倍ぐらいになっていたところに、さらに今日の早朝、アクセスログでカトゆ一家断絶さんからのリンクを発見。(3/20のサヴァイヴの記事へのリンク)
夕方18:00までで既に1600カウントを超えている様子。(最終的には2354カウント)
お、おそるべし(笑)

はじめてウチのページを見にきた&数年ぶり(so-netから移転以来とか)に見たという方も多いかと思われますが、最近のうちのメインはこんな感じになっております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月21日 (日)

ふたりはプリキュア(#08)

うむ、今週は良かったメポ!(ぉ)

どうでもいいタイミングで無理矢理変身→戦闘が入るのはまぁ仕方ないとして、
(いっそのこと退治後に変身状態で二人に物理的に喧嘩させても良かったかも(爆))
やっと学園描写も増えてきたし。いい感じだ。

今週から「なぎさ」「ほのか」に呼称が変化した事で、5月のイベントに向けてなぎさたんやほのかたんがテレビ画面で見られる以上に親密になっていたりする(爆)漫画の準備をしている全国の大きなおともだちは、きっと一斉に消しゴムでフキダシの中を書き直しているに違いない(爆)


きっと今週もほのかたんに叱られたい(睨まれたい)大きなお友達が増殖しているメポ(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年3月20日 (土)

サヴァイヴのSF考証(らしきもの)

*現在21話まで全部観ているけど、記憶違いや見落としとかあるかもしれないです。
*基本的にこのアニメにおいて↓みたいな事柄はどうでもいい枝葉末節で、登場キャラたちの行動を楽しむ(シャアラたんとかなっ)のが本来の姿だろうから、まぁ寝言として軽く読んでもらえるとありがたいっす。

現在放映中のTVアニメにおいて舞台が異世界でなくて、現実世界の延長上にある数少ないSF(たぶん)アニメである、「無人惑星サヴァイヴ」。全編に漂う80年代っぽさと教育チャンネルの夕飯時という放映条件からしてぬるいサバイバルアニメと思われがちで(実際自分も思っていた)、シリーズ中盤まで見てきて実際その通りなのかもしれないが、そうではない可能性に期待しつつちょっと書いてみよう。

舞台となる時代は22世紀。(公式) http://www3.nhk.or.jp/anime/survive/ の情報によれば「ワープ」「重力制御」といったモノが可能になっているらしい。まぁこれは無人の惑星に漂着するためのお膳立てだから、「そういうものがある」ぐらいの解釈で良いだろう。救命艇(シャトル)の大気圏突入の描写もかなりアレだったが、とりあえず「お膳立てだから」ということで(笑)

[漂着した惑星]
 セリフ内にあったかどうか憶えていないが、ルナたちが時差ボケに悩まされたりしている描写が無いことから、地球と同じ24時間前後の自転周期と思われる。海には潮汐もあり、地球と同じような大気組成に気温。画面に変な色合いが出てるようでもないので見えている恒星も太陽と同じG型の主系列星なのだろう。同じようにでかい衛星もある。…・都合が良すぎるが、そうでなければサバイバル話にならないので良しとしよう。

[生物/海]
 海には地球のものと良く似た魚類、沖合には大型のムカデ(脚は無いが)のような怪物が居て、着水直後のシャトルを襲撃している。節足動物(胴の表面のラインがウロコでなくて節だとするならば)のようだが触手を持ち、目は複眼では無いというどう分類したものか悩ましい形態(蛇だとすると頭部が…)をしているが、少なくとも地球由来の生物ではないと考えてよいだろう。この生物の存在を見る限り、舞台となるこの惑星が「じつは太古の地球だった」というオチの可能性はほぼ無いと見てよいはずである。(登場人物たちもわざわざセリフで言ってるし(笑))

[生物/島]
 シリーズ冒頭から七人に次々と襲い掛かる大自然の脅威…というのを強調したかったのか、島に上陸してからも次々と巨大な動物が登場する。
象みたいな大型草食獣「パグー」。小型のカンガルー似の生物「トビハネ」を捕食していると思われる「オオトカゲ(名前あったっけ?)」。どう考えてもトビハネサイズの生物を捕食しているとしか思えない、巨大かつ異常に俊敏なウツボカヅラ似の植物。東の森でのみ登場する「巨大イノシシ(みたいな生物)」「巨大アメリカザリガニ(のようなもの)」。それ以外では島全体に、海鳥や蛇、川魚はまるで地球のように普通に存在しているらしい。
 ここで、まず思ったのは島のサイズに対して大型の生物が多すぎるのではないかという事。

(1)オオトカゲ(仮)・島には果肉を持った実をつける植物が豊富に存在しているらしく、それを食べる他の生物が登場していない事(ただし21話にてネズミのような生物も登場)からしておそらくトビハネがそれを消費していると考えられる。そのトビハネを捕食するオオトカゲがこの島の生態系の頂点に立っているだろうという事はまぁ不自然ではない。(なぜ一匹しか姿を現さないのかという謎は残るが(笑))
*孤立した島でトカゲが生態系の頂点に立った例

(2)パグー・最初の頃は地響きと共に登場していたような気がするのだが(爆)。そのサイズからしてこれを捕食する存在はいないと思われる。「みんなの家」の基盤になっている巨木の葉を好んで食しているようだが、はたしてあの巨体を維持するだけの同種の木の葉はこの島に存在しているのだろうか。

(1)のオオトカゲについては13話で唯一登場していた一匹が倒されて以来、他の固体が登場しないためどの程度生息しているのかは見当が付かない。
で、(2)のパグーがこの島において最も不自然な存在だったわけだが、15話「何もかも大きな森」のエピソードによって、実質「何でもあり」の状態になってしまった。東の森の昆虫や植物が巨大なのは「遺跡」周辺の重力異常(低重力)によるものであると想像できる。(陸上における昆虫の大きさの限界は、その外殻が自重を支えて維持できる限界で決まる)。巨大イノシシの存在から東の森では昆虫やザリガニ以外も生存できるらしい事や、次週(22話)の予告から考えるとパグーも本来この低重力環境で生息していたと説明できてしまう可能性が高い。

 後出しジャンケンである(笑)*

(*注)もちろん制作期間を思えば最初から考えられていた設定であろう。
視聴者に「この設定は変だ」「この動物はこの島には変だ」と思わせておいて、後から「謎の○○」を登場させることによって、不自然な事物自体が実は伏線だったと言う事が明らかになる。一歩間違えると後でつじつま合わせたように見えてしまう危険もあるが(^^; 実に巧妙であるといえよう。

 生態系以外の事柄、「みんなの家」や今週(#21)登場の洞穴の家など、シャトルの金属板から削りだした手作りのノコギリで切り出したとはとても思えない綺麗な板張りになっているのも、この島の樹木が(遺跡付近以外でも)低重力によりスカスカ→加工が容易である為とも解釈できないことも無い。

 とりあえず「東の森」「遺跡周辺の重力異常」の設定により、この島の不自然な(サバイバルに都合よすぎる(笑))生態系は、今後どんなデタラメな珍生物が登場しても辻褄合わせが可能になってしまった。この事から考えると「遺跡」から噴出している「赤外線反射物質」と呼称されているモノも、この呼称以上の機能を持っている可能性は充分に予想できる。実際島を覆うように上空に滞留できているし。

 ここ数話のエピソードにより島の生態系と気象が「遺跡」のコントロール下にある事が見えてくると当然次に予想できるのは○とか○とか○であるが、そこはまぁ黙って見守ることにしたいと思う(^^;

久々に現れたSFアニメらしい展開になるところを期待しておきたい。


*注・なんかアレな文章だけど褒めてる意味なので念のため(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月18日 (木)

無人惑星サヴァイヴ(#21)

冒頭、前回と前々回から登場の全身タイツ異星人の小僧が眠っていた「遺跡」を調査する、チャコとルナとシンゴ。このときチャコの採取した物質が後ほど解明されるわけだが、これが今後しばらくの島全体と遺跡設定の伏線になるのだろう(大体予想はつくけどとりあえず見守ることに(^^;)。ルナもシンゴもジャンパー着用、サブタイトルどおり寒冷化が進行しているらしい。見ればメノリたんとルナもいつのまにかタイツ着用にもどっている。サバイバルアニメのキャラがシリーズ中盤から厚着になるとは極めて由々しき事態である(ぉ)。
で、今回の主役はベル。例によって周囲の反対を押し切って1人で洞窟を居住可能な形に改装するのだが、今回最大の見所は、自分が縫っていたマントではやがて来る冬には不十分であるとベルに断言されてむくれているシャアラたんである。よく見ると全キャラが揃ったときのそれぞれの位置関係、シャアラたんとベルが微妙に離れているようだ。

これは何かあったに違いない(笑)

かつてシリーズが何話か進んだところで当然のごとく発生した巨大かつ重要な疑問、「いったい彼/彼女達は風呂はどうしているのか?」に対して、「湖で水浴びをしていた(その間男子は強制退去)」という事実をセリフだけで明らかにするという、サバイバルもの最大の禁じ手(笑)でサラッと処理している本作の事である。

きっと夕飯時の全国のお茶の間には放映できないような事が、ベルとシャアラたんの間に起こったと見てよいだろう。

到来した冬の間に二人の関係はどうなってゆくのか?、後半(あと2クール?)の間にその手の話ははたしてあるのか?、メノリたんとルナのタイツの耐久性は? 都合よく転がりすぎている食料の謎は?
今後の展開が見逃せないといえよう(笑)

(公式) http://www3.nhk.or.jp/anime/survive/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下校に燃える漢

さすがギャルゲーに命を賭ける熱き漢、YUPPE総裁
TGLA(*)の名に恥じない漢っぷりです。
有森先輩のためならパケ死もいとわないその下校魂に我々は感涙せずにはいられません!(爆)


*TGLA:トータルギャルゲーライフアドバイザー・その肩書を名乗れるのは世界で1人「ゆっぴーずソフト」代表のYUPPE総裁だけと言われている。ちなみに首輪マニア。

(関連)
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20040301/tls.htm

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年3月17日 (水)

あたたかい…

というか風が強すぎる。
自転車に乗ろうとするとサドルにべっとり砂埃が。

この分だとほんとうに花粉症の症状が出ないまま四月になりそうな予感。
花粉症の薬は念のため飲み続けているのだが、結果としてひたすら眠くなっただけと言うことになりそうな(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ追加

http://info.cocolog-nifty.com/info/2004/03/post_4.html
今日の昼のメンテナンスでいろいろ変更が入って、ココログプラスとかプロとかいうのが増えたらしいです。

とりあえず"最近のトラックバック"という表示を出せるようになったらしいので、早速表示させてみました。(画面左のサイドバー上)

あと、昨日からですが、同じくサイドバーの一番下にMyblogListというのを表示させるようにしました。いわゆる日記アンテナのようなものでしょうか。

日記をココログに移して以降、日記ページのアクセスがかなり増えたのと同時にメインのページのアクセスもなんだか増えたような気が。いやしかし、単純に更新頻度が上がったからじゃないのかとも思ったりしつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月15日 (月)

NASAが謎の

まず昨日、こちらの記事で↓
NASAが未確認物体を発表(Eizo's BLOG)

http://www.nasa.gov/home/hqnews/2004/mar/HQ_n04040_solar_object.html
これを知ったのだけど。

先程さらに こちらの記事で↓
太陽系第10番惑星発見(めがねの奥で)

http://www.cnn.co.jp/business/CNN200403150008.html
こういう話が。

つまり先のこれは
このことだったのだろーか。にしてもNASAのトップページ(右下のCOMING UP NASA TVのところ)には"NASA Discovers Mysterious Object In Space"なんて書いてあるし(^^; こないだの火星の水といい、反応見て面白がってるな(ぉ)>NASA


追記(3/16)
http://www.astroarts.co.jp/news/index-j.shtml(AstroArts天文ニュース)
http://www.astroarts.co.jp/news/2004/03/16sedna/index-j.shtml

http://www.jpl.nasa.gov/releases/2004/85.cfm(JPL News)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

日記絵(お絵描き掲示板絵)040315


aw040315

ひさしぶりにマナティを描いてみたものの
なんだか謎の生物に(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年3月14日 (日)

エクラノプラン

数年前、自分内で激しくブームだった表面効果翼機。
当時良く見ていたWeb内では一番詳しいと思われる海外サイトを、久しぶりに探してみようとgoogleで検索してみたら一発で見つかる。

The WIG Page

やはり”KM”と”Orlyonok”(オリョーノク)が激しくカッコイイ。
Orlyonokは海外メーカーのプラモになってるのを以前秋葉原で見掛けたのだが、えらく高かったので購入を断念しした事が。もしかして、まだあるだろーかとか思ったりもしつつ。(結構でかいはずなので買っても置き場に困るわけだが)

 ソビエト崩壊後は他の諸々と同様に放置状態だったりするのだろうか。
結構前だけど表面効果翼機からの宇宙機打ち上げ(注・4年前の記事)
http://www.astroarts.co.jp/news/2000/03/24ekranoplan/index-j.shtml
なんて話も見掛けたけど、ペガサス(http://spaceinfo.jaxa.jp/db/kaihatu/rocket/rocket_j/pegasasu_j.html
)
よりメリット(経済的にも)があるようにも思えんし(^^;

*wigって翻訳すると「かつら」なんですな(^^;
AltaVista Babel Fish Translationを通してみるとえらいことに(^^;



| | コメント (2) | トラックバック (0)

検索窓をつけたり

ココログを使うようになってそろそろ2ヶ月。
過去ログを読みなおしたり、前に話題にしたサイトのURLがなんだったか忘れたときなど結構探すのに手間取ったりするので、

こちらの記事を参考に
ココログルの検索窓を右側につけてみたです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月12日 (金)

なんだかWORM_NETSKYが

このところ毎日10件近くのWORM_NETSKYが届く。(ほとんどBとD)

なんか襲来時刻が日本時間の朝と夕方前に偏ってる気がするので、
心当たりのある人はウイルスチェックしてみる事をおすすめするです。

(関連)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/03/02/2280.html
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/02/19/2154.html

追記(3/31)
なんだか検索エンジンでWORM_NETSKYで検索してここにやってくる人が急に増えたので
なんだろうと思ったら、どういうわけかこんな検索結果になっていたり…(3/31現在二番目)
うちにはウイルス関係の情報は無かったりするので、とりあえず
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/03/30/2607.html
こちらなどを参照されることをおすすめします(^^;


| | コメント (2) | トラックバック (0)

花粉

今年はもしかして全然症状がでないまま、花粉症の季節が終了するのだろうか(^^;
(いちおう薬は飲んでるものの)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年3月10日 (水)

レヴォとかの予定

4/29のレヴォ35うかりました。詳細はこっち
とりあえず新刊はCG集23を予定。久しぶりにカラーの漫画形態を描いてみようかと思うです。
あるいは現在ダウンロード委託販売先行で考えているCG集があるのですが、これをCG集23にしてレヴォ新刊はCG集24にするかもしれないです(ややこしい(^^;)

つぅか現在ネタ選択で悶絶中なのですが、二つある構想のうちどちらかを選ぶのではなく両方出せばよいのではないかと言うことに気づいたといぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 9日 (火)

大気圏外からみた富士山

なにげなくspace.comのトップページをみてたらこんなのが

http://www.space.com/imageoftheday/image_of_day_040308.html

2004年2月の撮影ということはISSから撮ったものか。宝永山が山頂の左ちょっと斜め上にあるから、画像の上方向が南だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年3月 8日 (月)

確定申告完了

早いうちに行っておかないと混雑することになりそうなので(と言ってもあと一週間しかないが)
どうにか日曜のうちに書類をまとめて提出に行く。
んで意外に早く終了。一年分の領収書を探し回るのから解放されて、とりあえずすっきりしたり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年3月 7日 (日)

ふたりはプリキュア(#06)

イノセンスを観ようかどうか迷うこの頃、なんか日○レの宣伝が目に付き過ぎて逆に躊躇するものが。

新しい玩具(ぉぃ)を探しに変な名前の湖にハイキングと称して向かう、なぎさたんとほのかたん。
まるで日本の渓流とは思えない(笑)川岸に樹木が迫っていない直線の急流に、絵に描いたような丸太に捕まって流される小熊を目撃。救出に向かうなぎさたん。お約束どおり川に転落する。さすがにその先に滝があるシナリオは回避したらしい。(笑) 普通このあとに焚き火をして裸で服を乾かす描写が入るものだが、なぎさたんはそのままの格好で探査を続行。これは次週で風邪をひく伏線か(違う)。
悪者出現→退治のプロセスはまぁ動いてたから良いとして、新玩具(笑)の発見プロセスがやたらいいかげんなのはどうしたものか。新玩具の謎の力によって森の植生に妙な影響が発生していて、それをほのかたんが見つける~ぐらいの描写があっても、全国のお子様はじゅうぶんついて来れると思うのだが(^^;

(来週の予告)
あれはつまり、なぎさたんを独占したいほのかたんが、なぎさたんが憧れている男子に近づいて邪魔者を潰そうとする展開になるわけですね。(違います)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

orkutとかいうの

orkutとかいうのの誘いのメールをうぃ氏から数日前にもらったものの
(もしかしたらそれ以前にもspamと思って気づかなかったものがあるかもしれず)
登録しようにも全部英語でさっぱりわからず、そのままにしておいたのだが、
日本語の解説ページを幾つか見つけたので、とりあえず最低限の情報のみ入力して登録してみる。

正直言って怪しげな秘密結社ごっこか人脈自慢クラブみたいな印象があって警戒していたのだが、どうやら(見る限り)実害はなさそうなので。(でも情報漏れが不安なので最低限の情報しか入れて無いけど)
ネットワーク自体よりもそれを使ってよからぬ事を始める輩(もっと数が増えれば現れるだろう)に踊らされない様に注意だけはしておくかのぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 6日 (土)

新作カラー絵完成

新作カラー絵(awat136)完成したのでアップしました。

awat136

こんなのです(^^;

| | コメント (2)

作成中

新しいカラー絵(awat136)の作成中。
線画の描くプロセスをいつもと変えてみたりしつつ。

多分今夜21:00-22:00までにはアップできる予定っす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 5日 (金)

まったり

(昨日)ふと、コミティア68(5/4)の申込み締めきりが3月18日という事に気付いたので、郵便振替やら申込み書を書いて発送。

今年は花粉の飛散量が少ないとか言われてるけど、それにしても三月に入っても全く症状が出なかったりするのはどうしたことか。いちおう花粉症の薬は飲み始めてはいるのだが。

うがーいいかげん確定申告の書類を作らねば(^^;


ふといろいろ眺めててみつけたところ。
オタクが人気者になれない理由 (カトゆ一家断絶で知った)
かなり長い文章だけど思わず一気に読める。”巨人階級が支配する世界”ってのが気に入った(^^;
こないだTVでやってた映画「パラサイト」もこのへんの背景がわかるとさらに面白く見えたり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年3月 3日 (水)

アニメを完結まで放映しないTV局

とぼふあんかるさんとぼふあんかるアニメ日記の日記によると、
現在地上波で放送のあのアニメは3/17までしか放映しない可能性が(確定ではないらしいけど)。現在までで17話、今日が18話だからいまのペースでは20話までしか放映されないという事になるのか。(別枠でそれ以降が放映されない限りは)

三月に入って再び週1話ペースに戻ってなんとなくいやな予感はしていたが、この放送局はなんでこういつも同じ事を繰り返すのか。 これとか あれとか
こんなこと繰返しても許されるほど、放送枠に対する需要はあるという事なのだろーか。
あるいは地上波の深夜枠などというものはそういうものだと納得するしか無いのか。
自分も地方出身なので地上波で観られるだけ関東はまだ恵まれているとは思うのだけど、途中まで観られたものが切られるというのはダメージ大きいわけで。

(3/4追記)
今週放送の絵を見てしまうと、3月内に続きを~というのは酷なきもするので、少し後でもいいから別枠でちゃんと完結させてもらいたい気分。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

火星の重大なアレ

am4:00の会見に備えて早めに寝ておく。
3:20に起床しNASA TVに接続。会見を待つ……・タイトルに「WATER」の文字が。
やはり水なのか。
なんだかオーバーアクションに「ブルーベリー」を連呼する科学者の一人。何を喋っているのかわからないが、時々表示される図や映像から「水が無いと出来ないものが見つかったよ」という事らしいのはなんとなくわかる。
あとはサンプルリターンのCGが流れたぐらいか。

とりあえず50分ぐらいまで観て、ニュースサイトの記事をチェックしたり。
それにしてもNHKが全くニュースで触れる気配が無いのはどういう事か。
と思ったら6:00のニュースで一報が

とりあえずおぼえがき。
http://marsrovers.nasa.gov/newsroom/pressreleases/20040302a.html

space.com
http://www.space.com/scienceastronomy/opportunity_news_040302.html

自分としてはこれがなんなのかどーも気になるのだが↓
http://www.space.com/php/multimedia/imagedisplay/img_display.php?pic=hf_mars_rotini_040301_02.jpg&ca
http://marsrovers.jpl.nasa.gov/gallery/all/1/m/030/1M130859833EFF0454P2959M2M1.JPG
(↑の元画像のアドレスは野尻抱介氏のサイトの野尻ボード(http://njb.virtualave.net/nmain.html)の書きこみより)

うぅむ、自分もまず思ったのはこのぐるぐるは掘削面に残った削りカスではないかという事。(旋盤とか扱った事がある人なら連想するはず)
ただ削りカスだとするならコレ一つしか無い(画像中には)というのがどうも気になる。もっと中途半端なぐるぐるしたカスが他にも付着していてもよさそうな。
あと、火星の気圧(掘削時に発生する熱の放熱状態が1気圧下とは違うはず)&温度環境で個体を切削した(+潤滑油無し)場合もこのようならせん状の削りクズは発生するのだろうか。

などと思わず削りカスで無い可能性を考えてみたくもなったりするが、冷静に考えればたまたま削った数センチの円内の掘削面に化石が存在している確率と天秤に掛ければ、やはりこれは削りカスということになるか。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年3月 2日 (火)

火星がっ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040302-00000367-jij-int

明日の朝四時の会見か…なんだろぅ
オポチュニティーはクレーターの中動きまわってるはずだし、
やっぱり記事にあるように水(の痕跡)なのか。これだけもったいつけるからには
アメリカの一般の納税者にもよほどわかり易い発見なのか?


やはりここは豪快に
火星ダンゴ虫の足跡発見とか火星キノコの傘発見とか、岩盤に謎の火星文字発見とかそういうのを期待したいのだが(馬鹿)

Mars Exploration Rover Mission

(追記 20:20)
どーもわからんのは「重大or重要」なモノというのが
水(の痕跡あるいは水が無いと形成されない形態&鉱物)だとしても
それをワシントンの本部でわざわざ発表するのかどうかというところ。予想範囲内だし。
スーパーチューズデイにぶつけるにしても意図&効果がわからんし。
大統領が出てきて「コレがオポチュたんの撮った火星ミミズの萌え画像だぁぁぁああっ」とかやればたしかにメディアの優先度は大統領選の候補より、そっちに向くんだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 1日 (月)

日記絵(お絵描き掲示板絵)040301

なんとなく描いてみたり(^^;
aw040301
スクール水着改造の兎の格好をしている人。学園祭での風景と思われる(ぉぃ)


5年前に描いたらくがきを元に描いてみたものっす。

| | コメント (2)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »