« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004年4月

2004年4月30日 (金)

レヴォ35の翌日

 昨日のレヴォの売り上げを入金しに銀行に。5/3-5/5までATMも休業する(土日に記帳とか入金が出来ないことを考えれば、実質5/1-5まで休み)という事でえらい大行列が。10台以上並んたATMからのピコピコ音と音声アナウンスはもはや騒音でしかないというかインターフェイスの補助になっていない気がする(汗)。続いて5/4のコミティア向けのおつりの両替をしに横にある両替機の行列に並ぶ。レヴォのおつり両替に行った別の銀行(こっちのほうが近い)で気が付いたのだが、どうも4/1から両替機を使うには専用のカードもしくはその銀行のキャッシュカードが必要らしい(別の銀行だと一定額以上の場合カードが必要) そういえば今年に入ったあたりから両替機がタッチパネル式の新型に変わっていたり。(少し前(確か去年)からは一定額以上に両替に手数料掛かるようになっていたり)

どうも銀行は顧客に小銭の両替をさせたくないらしい。

 カードが必要なのは1人で大量に両替しまくられる可能性を考えれば、まぁ仕方ない。問題は両替機。装置がタッチパネルになって使いやすくなったかと思えば、これが信じがたいほどにユーザーインターフェイスがなっていない。昔、会社員時代にこの手のスタンドアロンで稼動する装置(全然別の業種だが)の開発現場に仕事で関わったことがあったのでこの手のものには少々うるさいのだが(笑)、タッチパネルでふんだんにグラフィックが使えてしかもカラーという恵まれた開発条件にあるにも関わらず、全くデザインがなっていない。(どういうわけか他の銀行のでも同じく)とにかく使いづらい。ユーザーに必要なのは入れた金額と何にいくら両替するかの情報だけのはずなのだが、一見してどのボタンが何円硬貨の両替なのかがわからないというのはどういうことか。
 好意的に解釈すれば、以前の7セグメントLEDと押しボタンだけのインターフェイスの旧型機の操作性を再現させているとも解釈できるが、カラーの液晶とタッチパネルの豪華な新型で旧型機の操作性の悪さまで再現してどうするのだろーか。

つまりこれは、銀行は銀行の手を離れて現金が世間を巡るのを良しとしていない&しかも何の利益にもならないのが気にいらない→ゆえに両替機は使いづらいということなのかな?

(まぁ、ユーザーが限定される(自営業とか)為に、使いづらいという声が反映されないのだろうけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レヴォ終了

昨日のレヴォの荷物が戻ってきたので、コミティアの搬入荷物の準備をせねば…とおもったらコミティアの宅配搬入は4/30着までだったことを完全に忘れていたことに気付く(遅い)…レヴォの準備に気をとられて気がつかなかった。迂闊なり…5月連休は繁忙期なのかいつもより〆切が早まるのだな。

仕方ないので久々に全部自力搬入する事にしたり(汗) 翌日筋肉痛になること必至(汗)

*レヴォとサヴァイヴについてはのちほど(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月27日 (火)

レヴォの準備をする

ほぼ一日中レヴォの準備に明け暮れる。
雨でもだいぶ暖かくはなってきたものの、なんだか風がえらい強いような。

全国どこでもよくある光景だと思うけど、近所のごみ集積所はカラス対策のネットで集まったゴミを覆うようになっている。以前は朝ゴミを出しに行くと、ノラ猫とカラスがゴミを挟んで睨み合い(誇張ではなく本当ににらみ合ってる(笑))をしていたものだが、ネットが装備されて以来手を出せなくなったせいかカラスはゴミ集積所には現れなくなった。
と思ったら今度は、昼頃まであちこちの電線にとまってクワァクワァと鳴きわめく様になったり。何の意図があるのか謎だ。明らかにゴミの収集日だけに現れているよーなのだが、カラスの知能で曜日を把握する事は可能なのか?収集日は週二回、つまり中3日と中4日の二種類の時間間隔をカラスは認識している…・つまりカラスは「3」と「4」という概念を理解しているのかっ…とか一瞬思ったけど単に収集車の姿を視認して群れてるだけだな。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月26日 (月)

ムックに描くです

というか既に描いた訳だから正しくは「載るです」だな(^^;

5月25日に発売の河出書房新社( http://www.kawade.co.jp/ )から発売される「KAWADE夢ムック文藝別冊・庵野秀明」という本に、自分も2ページ、イラストと文章の混在したモノを書いております。

タイトルどおり庵野監督作品についての本ということで、自分もめったに描かないものをちょっと描いてみたりしました。例によっておそらく誌面から浮きまくっていそうな予感がしたり(笑)

*詳しくは河出書房新社サイト内「もうすぐ出る本」の中に情報があるです。
http://www.kawade.co.jp/bookdata/bookdata.asp?ISBN=4309976794

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CD-Rつづき

昨日から探していたCG集用のCD-Rメディア。
何件か探して以前から使っていた650MBのメディアが、ひとまとまり置いてあるのを発見し購入。やはり以前のようにCD-Rだけ大量に置いてあるのではなく、その分がDVD-RやRWの棚になってきている様子。

次からは電気店の通販で調達するしかなさそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月25日 (日)

CD-Rの650MBと700MBの違い

レヴォ向け新刊のCG集のCD-R焼きをそろそろせねばなるまいと、パソコンショップのCD-Rメディアのコーナーの状況を久しぶりにじっくり見てまわったり。

このところ原稿のバックアップはCD-RW(作業中)だったり完成後は700MBのに焼いていたので気付かなかったのだけど、いつもCG集に使っていた650MBメディア(薄型ケースの20枚セット)がいつの間にかなくなっている。

うぅむ…価格的にはもはや700MBのでもかまわないのだけど。
気になるのは700MBのCD-Rメディアが読めないCD-ROMドライブを持つマシンが、どのくらい現存しているのかというところ。(というか、そもそも過去に読めないマシンが存在したのか否か) (※1) フォーマットに関しては以前からISO9660に統一しているので機種(OS)間の違いの問題には直面したことが無いものの、容量についてはずっと650MBのメディアを使ってきたので判断付かず。どうもざっと調べても容量とドライブの互換についての話はどこにも見つからない。つまりそのような問題は最初から存在しないということか? 気になる。

まぁ、店頭に700MBメディアが現れた時期を考えれば、現役で稼動しているマシンのドライブの大半はそれ以降のモノだろうから、気にする話ではないのかもしれないけど。

※1・どうも700MBメディアの書き込みに対応していないCD-Rドライブというのは何年か前(大体五年ぐらい前のか)のだと存在していた様子。書き込みは今回のこととは関係ないけど。


(2008/03/07追記)
さりげなくアマゾンで売っているCD-Rメディア一覧などを貼ってみたり(^^;

|

2004年4月24日 (土)

いろいろ準備

4/29のレヴォ35の搬入荷物の荷造りと発送に追われる。
今回置いているのはこんな感じ。

荷物を出しに某宅配会社の営業所に行く途中で気付いたのだが、いつも夏コミと冬コミの荷物を出していたコンビニ(今回のところとは別の宅配会社のを扱っている)がいつのまにか閉店していたり。一ヶ月前までは存在していた…というか四月から閉店したということだろうか。ぼちぼち該当の宅配会社が集配に来るコンビニを探しておかねばなるまい。


探すといえば、以前どこを探しても見つからず、結局秋葉原で買った「水と銀(1)」が地元書店に平積みになっているのを発見したり。これがアニメ化(恋風)の威力というものなのだなっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月23日 (金)

日記絵(お絵描き掲示板絵)040423

aw040423

awat137と同じアルバイト人魚な人の図。

再び人魚の格好をしている人を描いてみたり。
右手は「昼飯はラーメンでよろしく」という合図だと思われます(^^;

人魚というのは座りポーズの場合、脚(ヒレ)の置き方の都合上、どーしても選択出来るポーズが限定されてしまうのが難点ですな(^^;

今回は作画過程を公開してみました(^^;
といってもお絵かき掲示板のAnimationをONにしてるだけだったりしますが(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月22日 (木)

無人惑星サヴァイヴ(#26)

宇宙船飛来の見せ方次第ではこのまま最終回になっても不思議でない展開だ(ぉぃ)

(晴天、太陽方向から飛来。海岸に向かって走る8名+1匹。(バックに流れるOPの歌)海岸に着陸した宇宙船の遠景の画面中央に「完」とか)(笑)

今回の流れ。
どこかの宇宙船(貨物船)が遺跡からの救難信号を受信。なぜか着信時に振動(地震)するレッドノア宇宙船(遺跡)。
リアルタイムでシンゴたちと会話。自分達の位置を特定させるためにシンゴアダムチャコを除く6名は島の東西南北に散ってのろしを焚く。→リアクションの都合上、やはり第一発見者はハワードに(爆) 宇宙船不時着水。今回も都合よく暗礁に乗り上げたらしい。着水前に分離した救難カプセルが来週発見されて新キャラ登場となるようだ。

救難カプセルの中身は全裸の美少女というのが、日本のアニメの古来からの伝統の筈だが(嘘) サヴァイヴ時空ではオヤヂが入っているらしい。これで男女比6対3…まさにサヴァイバルである。
それにしても通信時の会話。「もしもし」はあの時代になっても使われている言葉のようである。
あと、ベルはルナとメノリたんが崖を登っている時、下でその様子をシャアラたんと見守っていたわけだが絶対に見えていたな(爆)。後で嫉妬に燃えるシャアラたんに耳引っ張られてる図でも入ると良かったのだが(無理です)。
とりあえず今回はシャアラたんの出番がわりと多かったので良し(爆)


そういえば前回(#25)は結局、おぼえがきだけで書き足せなかったり(^^;;
またある程度たまったら謎についてまとめてみるです(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外からの一部アクセス遮断の状況

(追記071031)
■当WebPage(メインページhttp://awatake.jpn.org/wp/)の一部は
現在海外からのアクセスを遮断しています。理由としては
・時々発生するBBSへのspam広告書込みの対策。
・海外の無断転載者対策
の二つがあります。

(2009.05-2009.10)
最近増えた海外の無断転載サイトに次々と自分の絵が転載されている為、サイトの一部を海外からのアクセスから遮断しました。今後も無断転載が続くようならば、全ての絵を海外から閲覧できないようにするつもりです。

(これ以前 2004~)

(2004/04)
かなり以前から掲示板2(現在閉鎖中)に、意味の読めない翻訳ソフトを使った長文や、英文の書き込みを繰り返してきたアメリカの人に対して、二度目の警告をする。(別の件を含めるといったい何度目の警告だろうか)

いいかげんに我慢の限界を超えているので、また繰り返すようならばサイト全体へのアクセスをブロックし、彼のサイトからのリンクも弾くことにする予定。

使用言語の違いを考えると冷静に対処する必要はやはりあるか。内心激怒しているのだが。

(2004/5/7追記)
とりあえずツリータイプの掲示板で新たに再開する事に。
日本語専用にしました。
国外から見にくる人には不便なものになってしまいますが、英語書込みを許可にすると先述の人物がまた書込んでしまう可能性が発生するもので。(そもそも以前の掲示板で、翻訳ソフト使用禁止にしたのは先述の人物自身が原因なのだけど、初めて来た他の人の翻訳使用書込みに対して、その人物が管理人の代弁者の如く注意を英文で始めたりしたので)

禁止事項が増える原因が自身だと自覚していない人に対処するのは難しいというか。

BBS2の諸注意

(2006.03.29追記)
先述↑のアメリカの人が、私が描いた画像を海外の掲示板に
堂々と無断転載していることがわかったのでサイト全体を遮断することに。
なんで判るかというと、その書き込みのリンクからアクセスがあるから)
もう我慢の限界を超えたので遮断させてもらう。
(ここのblogは読めるだろうけど)

(2006.04.15)
海外(アメリカ)のごく一部プロバイダと匿名プロキシのいくつかのアクセス遮断を継続中。
解除の予定は全くありません。
匿名プロキシについては、見つけ次第無条件に遮断対象に追加してゆく予定です。

(2006.05.22)
遮断の対象をさらに拡大するべきか検討中。
さすがに北米全域を遮断するのは無理があるが、どうしたものか。
国内専用にするのは海外の無関係の人々に迷惑になるし。

(2007.10.30)
遮断範囲を再び拡大するか検討中。
海外からのアクセスを遮断する一因が当人にあるにもかかわらず、他人事のようにウチのアクセス遮断について解説している姿勢(リファラからその場所を発見)から、遮断を解除する必要は無いと判断しました。
しかもその解説をしている場所が、ウチの画像も多数無断転載されている海外の画像無断転載サイトだし。


*1・ネットに公開されたものはどんなに防いだところで(引用の範囲を超えて)転載されてしまうのが現実で、いちいち目くじらたててもキリが無いという見方もたしかに存在はしますが。

基本的には、あまり硬い事を言うつもりは無いです。
今回の例はこれまで数年間の積み重ねた諸々の問題の結果ということで



No reproduction or republication without written permission.
Artworks and/or photos on this site are NOT allowed to be used on other
websites without permission
caution
caution
※特に海外の画像転載&共有サイトへの転載は厳禁とします。


|

2004年4月20日 (火)

なんだか

やたら暑い…
先週の今頃はやたら寒かったような気がするのだが

先週あたりだいぶ減ってきて、そろそろ沈静化したのだろろかと思っていたNETSKYが、日曜あたりからまたバラバラと届き始めた。DとQが多い様子。
それ自体もウザイのだが、各地のサーバーから送られてくるエラーのメールがとにかくウザイ。いわゆるアドレス偽装でウチが送信したように見えるウイルスメールに対してエラー(ウイルスだよという)が返ってきているわけだが、なんで今だにこんな迷惑機能が現存(というか使用者がそのままにしてるのか?)しているのか非常に腹立たしいというかさっさと設定変えてくれというか…

*いうまでもないけど、ウチは対策ソフト入れてあって感染していないので念の為。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月18日 (日)

こっ…これは

なんてえろい絵なんだっ(爆)

これはきっと、ゴロ寝しようとしたら背中の突起がぶつかって悶絶した後の図ですね。(ぉ)
服になんであんなにえろえろにケーブルが這っているのか、その機能についてのうぃ氏の公式見解が待たれるところであります(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バリンジャーとバリンガー

昨晩の2100からやっていたNHKスペシャル「地球大進化」(NHKのこの手の番組はやたらタイトルに「大」をつけたがるように見えるのは気のせいだろうか)。

山崎努のひとり芝居が印象に残るが、最近のNHK教育の科学番組(サイエンスゼロとかその前、土曜夜にやっていたのとか)での、記事と記事の間に入る演出過剰なCG映像よりはるかに良いと思う。
とりあえず今回の話は「地球(とりあえずわかり易く現代)に直径400キロの小惑星が衝突するとこうなるよ」というのが、最大の見所だったようだ。衝突する側の小惑星は球形を保ったまま衝突していたようだが、ロシュの限界というのは適用されないのかな?(衝突速度の関係?)

で、それよりも気になったのは番組の始めのほうで登場したバリンジャー隕石孔の場面。発見者ダニエル・バリンジャーの子孫の人々が隕石孔に集まったよという映像を流していたのだが、その際の呼称が全てバリンガーになっていた。もしかして最近はバリンガーと読むことになったのだろうかと思ってgoogleで検索してみると見つかるのはバリンジャー表記のものばかりで、昨日の番組に言及したところ以外はほぼヒットしない様子。スタッフは現地で子孫の人々に会っているわけだから、もしかして「ジャーじゃなくてガーだよ」という突込みが入ったのだろうかなどとも思ったりしつつ。真相はどーなんだろう…というか、どっちが本来の英語の読みに近いのだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年4月17日 (土)

昨日の絵

新作絵(awat137)を公開して約半日経過したけど、今回の絵はいつもの約5倍のペースで感想フォームからの反響があったり。やはりある特定の世代(笑)には共通に体験した風景(絵の中のメインの存在はフィクションですが(^^;)という事なのかも~とか思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月16日 (金)

新作カラー絵(awat137)完成

新作カラー絵(awat137)完成したのでアップしました。

awat137

先日お絵かき掲示板に描いたものをベースに描いてみました。例によって制作時間の大半が背景の作業に消費されていたり(^^; 線画のペン入れには先日の「新ペン先」を使ってみたです。

(補足4/17)
画像右下の謎の名札の名前(笑)
左からこちらこちらこちら(の中のここ)の方々の名前を表記させていただきました(^^;;


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年4月15日 (木)

とりあえずおぼえがき(サヴァイヴ(#25))

サヴァイヴ(#25)。とりあえず気付いた点をざらっと箇条書きしてみるです。(あとで書き足す予定)

・島の植物。緑の葉の上に雪が溶け残っている…(^^; 植物はダメージを受けていないということなのか?
・カピバラもしくはヌートリア似の巨大げっ歯類も生息しているらしい。
・シンゴとチャコがへろっと異星のシステムを理解してしまうのは展開上まぁ目をつむる事に
・あの世界には超光速の通信手段があるらしい。(でないとすると来週やってくるアレはえらい近くにいたことに)
・ルナたちはタイムスリップ(笑)の類の現象には遭遇していないことがとりあえず判明。
・がけ下ワープと冬の件はまだ引っ張るつもりのよーだ。
・アダムくん、お子様であることを良いことにルナに抱きついたり膝枕で寝たりとやりたい放題。
・シャアラたんの出番が少なすぎる。

うぅむ。シャアラたん今週の見どころはメノリたんへの抱きつき攻撃だけか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペン先

以前むぎさんが話題にしていたのを見て、その存在を知った新ペン先
( http://www.tachikawa-net.co.jp/bungu03.html )。

先日イノセンスを観にいった帰りに寄った神保町の画材屋で買っておいたのを、製作中のawat137のペン入れに実験的に使ってみたりしているところ。

まだ慣れないけどなかなか良い感じ。
もっと連続使用してみないとペン先の耐久性とかは判らないけど。
当面の問題は、交換用のインクカートリッジを近所の文具屋で見かけないというところか(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さむい

昨日一昨日とその前日のあまりの温度差に、昨日から寒気とめまいがしだした。とりあえず本格的に風邪をひく前に風邪薬を飲んで寝たり。なんだか今日は暖かいよーだ。

とか言ってる間に世界情勢は激しく動いているよーだが、入ってくる情報の煽りと誤報と情報操作と真相の区別がつかない状態なので、黙って状況を眺めることにしたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月13日 (火)

2008年まであと4年

先日届いた「未来少年コナン総音楽集」を延々と繰り返し聞きつづけていたり。

26年前のアニメのサントラなんでモノラルだったりするようだが、本編未使用とか本編でも途中部分から使っていたりしてイントロからは初めて聞くものが結構有ったりと、なかなかに衝撃的だったりもする。
ほのぼの系の曲よりも、怖かったりどんよりしていたりする曲がいかにも当時っぽいシンセサイザーの使い方に合ってて良い感じ。(NHKアーカイブスでたまに見掛ける、70年代ごろの公害ドキュメントのBGMがやたら怖いのに近い感じ)
やはり、もしかしたら偶発核戦争が起こるかも~という、当時だったから成立したアニメなのかもしれず。今だったら、レプカが次々に送り出す変態怪人とコナンが延々と超能力戦闘を繰返す格闘アニメになっていたりしそうだ(それはない)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月10日 (土)

おそい

4/7発売の未来少年コナン総音楽集(サントラ)。
世界最大の流域面積を持つ河の名前のネット書店に予約してあって、4/7に発送したよメールがあったのだが、4/10時点でまだ届かない。いままでだとこのこの生物の名前のメール便で発送の翌日に届いていたのだが、今回は明治以前の文書高速輸送システムに従事する人物の肖像を、その輸送デバイスに描いている会社のメール便なのだか…ネット書店が発送している場所との距離から考えてもこれはちょっと遅い。いちおう(1-3日)とあるので今日の可能性もあるが、月曜になっても届かなかったら問い合わせてみるべきか…

(追記10:32)
と思ったら今届いた。早速聴く事にしたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月 8日 (木)

サヴァイヴ設定考察(#22~#24)

 今日(#24)の「遺跡からの赤外線反射物質噴出停止」→「その日のうちに冬終了」という物凄い展開(笑)に少々唖然としてしまったが、気を取り直して前回の考察(22話まで)以降で明らかになった事を整理してみたい。

[冬の事]
 今回#24の展開を観る限り、結局今回の冬はアダムの冬眠解除→遺跡作動→赤外線反射物質噴出による、単発のものだったということらしい。この惑星(舞台の島の地域)に天然の季節変動があるのかは未だ不明である。ここで、本編からある程度推測できるものざらっと並べてみる。

(1)反射物質を噴出していたのはこの島の「遺跡」だけなのか?
(2)「冬」の状態になったのは惑星全域か? あるいはこの島と、いくつかある装置周辺の局地的なものなのか?

(1)についてはルナが飛びついて押した変なスイッチ状のモノが、各地の装置の作動状態を示すものだとするならば、惑星各地に存在していた装置は島のモノと同じように作動していた事になる。それにしても数基の装置からの噴出によって、僅か数週間(?)で惑星全体が寒冷化するとは考えにくい。装置が停止した翌朝に早くも晴れ間がさしている(笑)ことからして、(2)の冬状態はやはり島の周囲など装置周辺の局地的なモノだったと思われる。というか、そうでなければルナ達は島の動植物の状態が回復する前に全滅するだろう(汗)

 すっかり出番が無くなったようだが、「遺跡」には元々それを護る為に配置された巨大ザリガニ(インプラントされてコントロール下にある)がいた。「東の森」の巨大動植物群は、遺跡周辺の低重力が巨大化の原因となっているものと思われる。重力異常の原因が「遺跡」によるものだとするならば(他には考えにくいが)、「遺跡」がこの島に設置されて以降(あるいは島自体が○○○とか)に「東の森」の生態系は形成された事になる。

・「東の森」の生物である巨大ザリガニを「遺跡」の防護に使っていた。
・アダムはこの惑星の大気を呼吸し、この島の植物&動物由来の食物を食べている。
・人類とアダムの種族の食糧確保に都合が良過ぎる島の植生。
・アダムも寒いと証言(笑)
・あまりにも都合良く存在するパグー温泉(笑)
・そういえば、崖に飛び降りたらどっかにワープした件はその後どーなったのか。(コレは冬とは関係無いが)

 遺跡が「冬」を起こす理由が見えない。
そもそもルナ達のいるこの島の激しく不自然な動植物達は、この惑星原産のものなのか? あるいはこの惑星は「遺跡」群によって既にテラフォーミングが完了している→島の動植物は(どこかから)持ちこまれたもの? このへんの謎はそろそろ明らかになっても良い頃だろうか。チャコとシンゴによる「テラフォームマシン説」はどうやら正しかった事になってきたが、今回の「冬」が装置本来の機能が正常に機能したものなのか。今週登場した(#24)アダムパパママの謎挙動と含めて今後の伏線になるのだろう。

…まぁ設定にツッコミを入れるタイプのアニメでは無い事はわかっているのだけど(^^;
観てると突っ込まずにはいられないわけで(笑)

(追記4/9)書くの忘れてたけど、
とりあえずイヤボーン(笑)で問題を解決するのはSFアニメとしてはずかしいと思うです。
あれでは今後どんな危機が発生しても、ルナとアダムのイヤボーン→遺跡の謎システムが何の伏線も無く登場して問題解決(笑)になってしまうわけで(^^;

自分としては設定の事よりも、シャアラたんの出番が近頃少ないことのほうが大問題である。
ここらで再び、シャアラたんメインの話を激しく期待しておきたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年4月 6日 (火)

日記絵(お絵描き掲示板絵)040406

aw040406
そういえば最近(awat115以来)人魚な人の絵を描いていないなと思ったりしたので、なんとなく描いてみたり。

*この紐の状態でなんで貝が固定できているのか?…じつは貝は紐無しでも固定できていて、紐は非常用ということで(ぉ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バージョンアップ

PhotoShopCSのアップグレードの申込みが4/16までだという事を、突然思い出したのでコンビニで振込したり。この時期にこの出費は痛いのだが仕方ないか…
(いまだに7.0のインターフェイスに慣れずに結局5.0で作業していたりするのだが(^^;)

レヴォ向け新刊CG集の為の作業に明け暮れるこの頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月 2日 (金)

サヴァイヴの低重力地帯

無人惑星サヴァイヴの「遺跡」周辺の低重力地帯について
八木ナガハルさんの考察がっ

うぅむ、気圧の問題は思わず見落していました(^^;

そういえば、重力異常地帯の境界面がどうなってるのかというのは未だ描写がないですね、あとルナ達が以前、崖に飛び降り→どっかにワープした件もそのままになってるし(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月 1日 (木)

無人惑星サヴァイヴ(#23)

カオルくん、ルナ攻略のフラグを立てるの巻(違う)

食糧事情のますます悪化する中、トビハネ(雪の中でも毛が白くなったりはしないのだな)の捕獲に失敗したカオルが帰宅。視聴者の声を代弁して、ハワードがパグーの食糧化を提案するも即時却下(笑)。再び狩に戻ったカオルが遭難→ルナが捜索に~というのが今回の流れ。

・あのやたら深い地割れはもしかして島の○○○に繋がる伏線かな?
・この冬が周期的なものでないとすると、冬が終了しても島の動植物が回復する前に、ルナ達は全滅するような気がするが(笑)
・そもそもあの島には季節というものがあるのか? ベルなら材木を切り出した時点で木目の状態を把握していそうなものだが。
・食糧が足りないとかいう割には、作っていた煮物(のようなもの)はえらい量だったような(爆)
・カオル達の乗っていた宇宙機の与圧部には一体どれほどの容積が…(^^;(延々と盛大に漏れつづける空気…)
雪山で遭難したらやはり人肌で温め合うイベントが発生するものだけど、今回無かったのは次にシャアラたんとベルが遭難する時の為にとっておいてあるからに違いない!(違います)

カオルの過去が明らかになる過程も、再び同じ様な状況でルナを○○するところも直球と言うかベタな展開ではあるけど、このアニメにおいてはこのぐらいのほうが丁度良いのかも。ただ、ルナとカオルを二人にする→シャアラが聞いた過去の件を聞き出す。この状況づくりの為にベルが捻挫するのは良いとして、この問題の当事者であるシャアラにもなにか出番がほしかった気もしたり。弁当渡すだけでなく。来週以降にそういう描写がはいるのかな?


アダムくん、とうとう次回予告を担当するほどに饒舌になったのか(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレンダー

なるほど、右のサイドバーのカレンダー表示って
新規の投稿が無いと前の月のままなんですな(^^;

朝のニュースを観ていると「今日から総額表示」だの「今日から○○」ネタが
やたら多い例年どおりの状況だったりするけど、
どのへんにウソが混じっているのかが気になったり。
(朝刊眺めてみたけどまだ発見できず)

(関連)
今年のゆっぴーずソフト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »