« 日記絵(お絵描き掲示板絵)040508 | トップページ | エンデバーたんハァハァ »

2004年5月10日 (月)

無人惑星サヴァイヴ(#28)

今頃書いてみたリ(^^;

#27からの流れ。
救難カプセルのオヤジと共に遺跡(宇宙船)の重力制御系の修復を開始するシンゴ。

上陸したヒゲ女王様サイボーグ兄貴はシャトル→みんなの家に到着。(足跡でも辿ったのだろうか?) 脱獄3人組は不時着した輸送船の姿勢制御ユニットの代替物が必要→遺跡のを所望。ハワード単独行動→人質化→東の森の滝に集結する脱獄犯+ハワードとルナカオルメノリベル。→来週も見てね。

基本的に良い子の集団である為に、どうしても事件を発生させる役がハワードにまわりがちというか。これで来週の展開で内面に変化が生じると、次に来るのは良い子達の派閥抗争とか?(^^;

ここ2週はSFアニメとして「これは」という部分が無かった。しいて言えばあの冬を生き延びていたらしい、巨大ザリガニがアダムのイヤボーンによって来週あたり大活躍しそうなところか。前回海蛇(あれは結局蛇なのか?)が光線銃らしきもので一撃にされているので、パグーを使って脱獄囚迎撃というわけにはいかないのだろーか。

ルナ達を追って滝に向かったアダムはともかく、オヤヂとシンゴをただ眺めるしかないシャアラたんの扱いが非常に不憫である。
この二週…というかシンゴが遺跡の調査を始めたあたりからの不満なのだが、折角ファーストコンタクトものの展開にあるにも関わらず、「遺跡からアダムきゅん登場」→「遺跡にはいろいろと便利な謎が」の展開において、新たな遺跡の便利機能(笑)が出現するにあたっての発見のプロセスがイヤボーンとか偶然に頼り過ぎているところがどーも気に入らない。シャアラたんが本の虫であるという設定は、島の諸々に変な名前を付ける為ではなく、こういう時の為にあるのではないのか。

こんなふうには出来ないものか。(ベルの穴改造の話と同じ様にシャアラたん主役の回という事に)
・アダムは冬眠前の時点で読み書き(異星の)が出来る程度の教育を受けている(という事にする)。
・アダムの学力の程度を見抜いた(謎のらくがきでもしてる所を目撃するとか、いくらでも手はあるはず)シャアラたんが地球人語(日本語なのだろーか?)とアダム語(仮)の対応表を作成。
・誰もこの事の重要性を理解できない中、単独でシンゴチャコが調査中の遺跡に向かうシャアラたん。(滑る、転ぶ、でかい虫に驚くなどシャアラたんの魅力が至るところで発揮されるBパート15分)
・シャアラたんの解読により遺跡のところどころに表示される謎表示の意味が判明
・チャコ、遺跡とコネクトしてオンラインマニュアル(笑)の吸出しに成功。シャアラたん解読に入る。
・シンゴ、シャアラたんの助けを借りて遺跡内の操縦室(宇宙船の)位置を特定。アダムのつぶやきによって侵入可能になる。
・ここまでの展開に約3話を消費。シャアラたんは3話に渡って主役となる。
・オヤジとシンゴによる修復作業においてもシャアラたんの解読が頼りになったり。

…絶対無理だ(爆)

↑これだと地味で山場が作りにくい展開であるとは思うけど、だからこそNHK教育アニメでしかできない展開でもあるわけで(^^;

つまりだ。もっとシャアラたんに出番を(爆)

|

« 日記絵(お絵描き掲示板絵)040508 | トップページ | エンデバーたんハァハァ »

アニメ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15707/567460

この記事へのトラックバック一覧です: 無人惑星サヴァイヴ(#28):

« 日記絵(お絵描き掲示板絵)040508 | トップページ | エンデバーたんハァハァ »