« むしあつい | トップページ | へなへな »

2004年6月11日 (金)

無人惑星サヴァイヴ(#33)

闘うシャアラたん祭

今回の流れ
浮上を開始した輸送船→三人組が迂回して海岸に向かった事に気付き追うルナたち(ハワードは蚊帳の外)→輸送船浮上するも三人組侵入に成功→操縦席放棄→戦闘→シャアラたんの額で種がはじける(嘘)→輸送船墜落→爆発→ポルトさんの運命やいかに→次週予告でいきなりネタバレ(爆)

無人惑星サヴァイヴの真のヒロインであり、ベルの前では男の保護欲をそそる、か弱い眼鏡っ娘を演じていたシャアラたんが、ついにその正体をあらわした。「来ないで~」「あっちへ行って~」「いやー」(間にボブの「ぐへへっ」とかそんな声が入る)と映像を見ていないと何事かと思えるような声を張り上げつつ、パワーローダーを操り(あくまでもパニックに陥っているような演技(違う)で)ボブを投げ飛ばし、輸送船爆発の原因を発生させるシャアラたん。輸送船と遺跡を失ったことで、シンゴとアダムとチャコのグループ内ヒエラルキーにおける位置は著しく低下。当面の目標を失ったルナとメノリがやがて起こすであろう派閥抗争の末に、既に手玉に取ったハワードとベルを使ったクーデターによってサヴァイヴ島(仮称)でのシャアラ様の専制支配が始まるのである。
…いやそんなわけはないが。

・正直言ってこの展開は予想できなかった。ここまで引っ張って遺跡も輸送船も無しに戻すとは…来週の予告のシャアラたんの足元のほうからなにかが吹き上げている絵からして、次週予告の通りの行動を起こすにあたってなにか都合の良いものが、偶然(笑)発見されるのだろう。
・どうやらあの輸送船は着水時の損傷で船体が折れていたのではなく、もともとそういう可動機構をもった船体だったようだ(何の為?(^^;)
・輸送船の下部から噴射していたアレはなんだろうか。パワーローダーの足元にも似たようなものが着いていたが。
・えらい盛大な爆発のわりには次週予告だと船体が原形を留めている様子。三人組が生存している可能性は。
・遺跡が破壊されたら東の森の低重力地帯はどうなるのかな? 自分としては遺跡(宇宙船)が見えているあの部分だけとは思えんのだが。というかこのまま謎を残したまま島を出てしまうのも変なので、まだ何かあるのではないだろーか。

今回はシャアラたんが事実上の主役と化していたので全面的に良し。

|

« むしあつい | トップページ | へなへな »

アニメ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15707/751645

この記事へのトラックバック一覧です: 無人惑星サヴァイヴ(#33):

« むしあつい | トップページ | へなへな »