« コミティア70で置いていたちらし | トップページ | いろいろ »

2004年11月24日 (水)

雲のむこう、約束の場所

うぃ氏じょば氏と自分で
11/22 11:30より渋谷シネマライズで「雲のむこう、約束の場所」を観る。

平日の昼でありながら入場待ちの行列が出来ていた。2階席の様子は判らないけど、1階席は見た限りほぼ埋まっていた様子。CMの後になんとなくどーも君っぽい作りの人形アニメの短編が流れて本編開始。

以下、ネタばれは無いはずだけど念の為注意。

・今回も主人公のモノローグで状況が語られる形式。多分聞き慣れれば違和感無くなるのだろうけど、主人公(ヒロキ)よりも眼鏡(タクヤ)のほうがあってる感じがした。
・背景はえらい綺麗だ。キャラも良く動いてる
・特にサユリたんの脚の描写には製作者の情念を感じずにはいられない(笑)
・塔の設定はSF者の端くれとしては、「自分ならこんなんじゃなくてこう描く」という設定のがいくつも思いつくけど、恐らくSF者でそう思う人は大勢いるだろう。
・ヴェラシーラの主翼のあの機能には何か意味があるのだろうか。
・塔の高さとヴェラシーラの飛行高度の関係が謎すぎる。
・カットとカットの繋ぎの直後に音が飛んでる部分が時々あるのが気になる。あの部分はデジタルではなかったりするのだろうか。
・世界の状況よりも主役の兄ちゃん二人と女の子の個人的問題が優先されるのは、まぁ芸風として良いとしても、発生する事態との関係がちょっとギャップがありすぎる感も。(特に何も無い平時に主役の兄ちゃんたちが○○を○○して侵入する話でも良いような)
(冷戦時にモスクワ赤の広場に西側から青年が単独でセスナで強行着陸した事件(実在)みたいな感じで)
・回想と夢の区別がややはっきりしないので一部混乱する感じ。冒頭の続きの電車(じゃなくてディーゼル車か)の中での会話(サユリとタクヤ)がえらい後で入るところとか。
・尺が長い分、前作よりも気になるところが増大してるけど、基本的にはこの作風は好きだ。
北海道の人の反応やいかに(笑)
・DVDは買う予定。あとサントラも。

|

« コミティア70で置いていたちらし | トップページ | いろいろ »

アニメ感想」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、JAMESと申します。長いこと(1999年頃
から?)ROMさせていただいておりましたが、

>北海道の人の反応やいかに(笑)

こちらの文に思わず反応、思わずコメントしてしまいました。
…いやあ、最後の北海道。道産子としては複雑です。(笑)
でも作品自体は新海節炸裂で、前回トリウッドで観た(当
時は横浜在住)「ほしのこえ」に惚れ込んだ身としては大
満足でした。
札幌では24日に先行プレミア上映、新海監督と天門さんが
いらっしゃいました。直にお話が出来て嬉しかったです。
今回は鉄道マニアにもかなり受ける要素があったような。
僕は地元青森の人の感想がとても気になりました。

投稿: JAMES | 2004年11月26日 (金) 22:29

どもはじめまして。

なるほど札幌でも上映されていたのですね。
あのラストだと関東と北海道では観客の反応が違ったりしそうというか(^^;
基本的には全編新海節と言う感じで自分としても絵的なところは今回も満足でした。
どうしても尺が長い分、前回目立たなかった穴も拡大してる感もありますが、とりあえず次回は設定とシナリオが強化される事に期待したいところです。

投稿: 粟岳高弘 | 2004年11月27日 (土) 15:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15707/2053545

この記事へのトラックバック一覧です: 雲のむこう、約束の場所:

» きみのこえ [これまでのあらすじ。]
新海誠さんの最新作「雲の向こう、約束の場所」を見てきました。... [続きを読む]

受信: 2004年11月27日 (土) 19:15

» 雲の向こう、約束の場所 (映画) [RIKIのちょっといい感じ]
本日、新海 誠さんの新作 雲の向こう、約束の場所 を観てきました。しかも、新海さ [続きを読む]

受信: 2004年12月 7日 (火) 09:42

» 札幌「シアターキノ」で、「雲の向こう、約束の場所」 [はらのはらっぱ@ココログ]
ミニシアターの代表格みたいな映画館らしいのです、シアターキノ。 もう、やっている [続きを読む]

受信: 2004年12月11日 (土) 12:50

« コミティア70で置いていたちらし | トップページ | いろいろ »