« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005年1月31日 (月)

構成変更

ここ数日でメインページのGallery部分の構成を変更。
今までは公開年別に順番に並べていたものを、とりあえず一連の「南国な娘さんもの」については独立したページにまとめてみました。

同時に最近あちこちで見掛けるWeb拍手というのも置いてみたです。
あと、普通にリクエスト投票のようなものも。

以前からあるフォームに文章を書き込む形態と比べると、やはりWeb拍手のようなもののほうが感想を書く側にとっては敷居が低かったりするのでしょうか?

(追記2/1)なぜかリクエスト投票よりも普通のフォームのほうがリクエストの数が多いという現象が発生したので、とりあえずリクエストは今までどおりフォーム入力に絞ってみるです(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月25日 (火)

日記絵20050125

20050125a

昼休み。渡り廊下を横断中のロマンスグレーのダンゴ虫D氏(2)が気付かず歩いてきたB君(16)に踏み潰されそうになるのをとっさにB君を突き飛ばして救おうとするも突如方向転換したB君に激突、ひっくり返りそうになったところをB君に抱き留められるのAさん(16)の図。

*文中にやたら「B君」が頻発しているのはAさん内のB君ポイントが無駄に上昇しているからです。

なんだかどんどん説明が長くなるな(^^;

こういうの連発してるとそろそろ「粟岳が壊れた」と思われそーなきもするので(笑)
とりあえずここらで伏線を。(aw_test01.lzh)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月24日 (月)

日記絵20050124

20050124a

翌朝のAさん(16)。「ほら今日は寝癖ないでしょ」と、わざわざB君(16)の前方25センチに乗り出してまだ乾いていない髪をかき上げてなぜか耳を見せるの図。(入浴後25分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月23日 (日)

タイたん…ハァハァ

あぁっ カッシーニたんがタイたんを…(爆)
さすがさひろさんだっ

こちら↓
http://sahiro.cocolog-nifty.com/rakugaki/2005/01/post.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記絵20050123

20050123a

寝癖が爆発状態のAさん(16)、それをずばり指摘した同級生B君(16)の背中に攻撃を加えるの図。

昨日のようなピンクとか赤とかの配色は、やはり脳が拒絶反応を起こすので、
配色についてはいつもどおりに戻してみたり。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年1月22日 (土)

さむい

ある仕事の為の資料探しに図書館に行く。

秘密の書庫室で本にバーコード貼ってる、真っ赤なセーラー服の難解な髪型のいいんちょは、残念ながらこの街にはいないようだ…ガッカリだ(ぉぃ)

図書館を出て、眼球の大きさの漫画と一枚絵での許容限界の相違について再考察しつつ車で本屋に行く。
妙に道が混んでいたのは単に土曜日だったからだろーか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記絵20050122

まったく描いたことの無い系統のモノをあえて描いてみるテスト。

許容限界まで眼球を大きくした上で
普段自分が絶対に使わない配色で塗ってみる。

20050122b

これも下描きからPC上で作業。
思い切って背景にハートマークでも飛ばそうかと思ったが、さすがに頭が痛くなってきたので断念(爆)

*初めて観に来た人に何事かと思われるといかんのでフォローしておくと
自分の本来の絵はこういうの
こういうのです(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日記絵(修行絵(笑))050122

実質五分で描いた落描き。PhotoShopだけで描いたのえらい久しぶりのような。
自分の許容限界まで眼球を大きくしてみるテスト。

これ以上は脳が人類の顔面と認識できなくなるので今はこれが精一杯(^^;
人が描いた絵を見る分には平気なんだが、自分の描いた絵の目の大きさには耐えられないのはなぜだ(汗)
20050122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月19日 (水)

日記絵20050119

20050119a
大きい絵

1994年1月19日。御前崎沖150キロを飛行中のTu-257。
機体に所属を示す表示は一切無いものの、在日ソビエト軍百里基地から発進したものと思われる。
全長23メートル・全幅18メートル・ツマンスキーRD-25x2・最大速度890km/h・航続距離5600km・実用上昇限度18000m

1993年10月に浜松沖の洋上遷移点(1995年の政府公式見解では天然ガス採掘基地)から強行突入を図ったプロキオンのものと思われるフーファイター26機を迎撃、内15機を撃墜したのが、この機体であるとされている。

※いかん…ウチの漫画(上内沢遷移点とか)読んでないとさっぱり意味不明な解説ですな(^^; 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月15日 (土)

愛佳たん…

小牧愛佳たんの攻略に成功。
まずは一人目。

(以下ネタバレ注意)

続きを読む "愛佳たん…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ToHeart2開始

なんだか発作的にToHeart2をやってみたくなったので、秋葉原の店で通常版を探し回り購入。
帰宅後連続12時間プレイで、ようやくエンディングらしきものに到達した
(念のためネタバレ注意)

続きを読む "ToHeart2開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 7日 (金)

あたたかい

寒くなったり妙に暖かったり…

受注した順ということで、、
冬コミの新刊「上内沢遷移点」のとらのあな受注分を発送。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 6日 (木)

透視能力と称するもの

テレ朝でクロワゼットの例の事件の番組を見る。

現在30代で子供の頃にTVで見て、トラウマになった人も多いであろう(自分も)あの事件。
28年前、クロワゼットというオランダより来日した透視能力者(自称)が透視した場所(ダム湖)に、本当に探していた人物の水死体が発見されたというあの一件である。(当時はモザイクなど入っていなかったわけで…)

超能力とか心霊現象の存在を一切信じない立場をとる自分(漫画には描くけど(^^;)にとって、長年どーしても納得できない解釈不能の事件(有名なのにその後ぜんぜんその手の番組でも扱われないし)だったのだが
検索してみて複数のところからリンクされていた、こういう説にたどり着いた。

やはり、自分的にはこちらのサイトに書かれている↓この線が濃厚なのではないかと思う。
(間歇日記)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ray_fyk/diary/dr0204_2.htm#020416

(追記)
それにしてもなんで突然こんな特番が入ったんだろ。
相変わらずあちこちの民放でやってる、超能力者(自称)が失踪者を探す~とかいうヨタ番組に説得力を持たせようとしているのかな?(冷笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 5日 (水)

うがぁ

まだ年賀状かいてます(汗)

正月早々風邪ひいてだれてたらもう五日に…
郵便&メールともにだいぶ遅れますがなるべくはやく完成させるです(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 1日 (土)

あけまして

おめでとうございます。

毎年正月に入ると曜日の感覚が狂うのだけど、実は今日は土曜日だったのですな。

それにしても年賀状の絵が浮かばぬ。
鳥の格好した娘さんがパ○ツ見せながらポーズとってる絵にでもしようかなどと一瞬思うも、我に返り断念。(毎年恒例)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »